• おくま亮を応援しよう
  • 20代、30代の意見やアイディアを直接議会に届けます

プロフィール

おくま亮あいさつ画像

私のプロフィールと経歴です

出身地: 沖縄県那覇市小禄
生年月日: 昭和61年(1986年)8月27日
好きな言葉: 「克己」「一念岩をも通す」
「依怙によって弓矢はとらぬ、ただ筋目をもって何方へも合力す」
尊敬する人物: 上杉謙信、青山繁晴
家族: 妻、長男、長女、次女
趣味: 三線、柔道、映画鑑賞、音楽鑑賞、
スポーツ、スポーツ観戦
好きなもの: ジブリ作品(友人から「ジブリおばけ」と呼ばれるほど)
アボカド、浮世絵、Mr.Children、
志ある人の夢や目標を聞くこと

主な役職

那覇市議会
  建設常任委員会副委員長
議会改革推進会議委員
自民党会派総務会長
自民党
  沖縄県連 青年部長

経歴

誕生
昭和61年(1986年) 那覇市に生まれる。8月27日
那覇市の宇栄原、大嶺で育ち、結婚して現在は宮城(地番は具志)に居住。
小学校時代(那覇市立小禄小学校)
友達と遊ぶのが大好きな子どもだった。 習い事は、学習塾と水泳。その合間に、友達と走り回って遊んでいた。 いとこの影響で、バスケットボールの魅力にとりつかれ、
当時小禄小学校にバスケット部がなかったため、
担任の先生に顧問を願い出て、
バスケット部を立ち上げてもらう。そしてキャプテンを務める。
平成11年(1999年)3月 那覇市立小禄小学校卒業(第52期)
中学校時代(那覇市立金城中学校)
中学校でも、バスケットにのめり込み、部活動に専念する。 この頃から思春期(モラトリアム)が始まり、家に帰ると「生きている意味は?」「なぜ生きるのか」等と思いつめ、悩み、苦しい日々が始まる。
平成14年(2002年)3月 那覇市立金城中学校卒業(第16期)
平成14年(2002年)4月 沖縄県立那覇高等学校入学(第58期)
高校時代(沖縄県立那覇高等学校)
高校生になってもバスケット漬の毎日。 思春期は続き、「生きる意味」に加えて、卒業後の進路に迷うが、 「迷っているなら、とりあえず勉強しなさい」との父の一言で、
大学進学を決意。必死の受験勉強に取り組む。
平成17年(2005年)3月 沖縄県立那覇高等学校卒業(第58期)
平成17年(2005年)4月 琉球大学 法文学部(経済学専攻)入学
大学時代(琉球大学 法文学部)
授業料と生活費を稼ぐため、アルバイトに励む。
接客業を通じて、笑顔の連鎖や幸せの連鎖に気付く。
講義とアルバイトが休みの日に、県内の史跡や戦跡を巡る。 大学4年の時、26歳になったら政治家になると心に誓う。 立候補ができる年令になるまでは(25歳以上)、社会に出て、社会を知るために公務員(警察官)として働くことを決意。
平成21年(2009年)3月 琉球大学 法文学部(経済学専攻)卒業
警察官から政治家の道へ
平成22年(2010年)4月 沖縄県警察に就職し、警察官として3年間勤務。
社会の光と影を目の当たりにし、 命を張って職務を遂行することで、 人々の生命、社会秩序、人々の安心・安全を護る事こそが、
政治の一番の要であると学ぶ。
平成25年(2013年) 政治家になるため、沖縄県警察を退職。
7月21日執行の第19回那覇市議会議員選挙において初当選。現在第1期目、毎日200%、全力疾走中!